SHINGO 5° TERASAWA blog
    2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
    文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
    23:07:32
    かなりの期間、更新していなかったのは
    タイトルのとおり入院していたからで
    しかしながら初と書いたけれども
    過去、急性アル中で三度運ばれたうちの
    三度とも一泊しているので
    厳密にいうと初ではない。

    というわけで、事後報告ですが
    重度の虫垂炎(盲腸)で
    今月初旬から入院しておりました。

    バックトゥーザフューチャー2で未来に来た日だという本日
    無事退院。
    俗世に還ってきました。
    これからも適度に俗なことをして
    生きてゆこうと思います。


    さて、簡単に経緯をまとめると:

    今月に入り、猛烈な腹痛と発熱、悪寒に襲われ、
    ひとまず内科で診てもらうと「急性腸炎」という診断。
    糞詰まりが原因の痛みだという。
    (ちょうど自分には珍しく便秘ぎみだったので、信じた)

    鎮痛剤、解熱剤、そして浣腸を処方される。
    独り、部屋で人目を忍んでやるにもとても恥辱を感じる人生初浣腸までしたのに数日たってもいっこうに改善せず、むしろ悪くなるばかり。

    別の内科で診てもらうと、
    これはまずい、ウチじゃ手のつけようがないから
    すぐに大学病院へ行ってください
    と紹介状を渡される。

    近くの大学病院におもむき即入院。
    あと2日ほど治療が遅れてたら死んでたかも、と。
    助かった。

    二三日、抗生剤で膿や炎症を抑えてから、
    (といってもすでに虫垂の膿が破裂して飛び散ってたらしいけれど)
    その後、手術は無事成功。
    しかし、入院まで我慢して生活しすぎたためか
    小腸などもぐちゃぐちゃで腸閉塞ぎみになっていたようで
    腸全体の状態回復のため
    術後もさらに10日ほど引き続き入院。

    完全回復ではないが、本日はれて退院。

    今後しばらくは、飲み薬と外来で治療してゆく予定。

    重々安静に、自愛いたします。

    後日、くわしい闘病記などを
    書くかどうかは…未定!

    =========

    追伸1:

    そういや、ここ20日ほどは
    酒もタバコも摂取しておりません。
    数日、絶食、絶飲もしてたし
    いろんなものが削ぎ落とされた気分。
    すごいデトックス効果です。

    このままタバコはやめようかと思う。
    酒は、やめません。
    やめてやりません。
    やめるものか。
    ただ、これを機に量を減らすようにはしようと……。

    とはいえ、退院後も
    腸が落ち着くまで、絶酒しないといけないようで
    しばらく飲みに行かれません。無念。

    家にスコッチやアブサンのボトルがあるのに。
    とうぶん鑑賞用とします。

    =========

    追伸2:

    入院時にはいていったピッタリのジーンズが
    ゆるゆるになった。

    本を読みまくった。
    考え事し過ぎた。

    たまに看護師が天使のように
    愛おしく感じる瞬間がある。
    瞑想し、心を空にした。

    パラマウントベッドは心地よい。

    ギターを2週間も弾けず、かなしかった。

    病院の売店で、なつかしのボンタンアメを見つけ感動。
    ひさびさにハマる。



    とはいえ、入院中は甘いものを
    極力控えたほうがいいので
    2日で一箱ペースになんとか抑える。

    タバコをやめる代わりに
    カートンでボンタンアメを買いだめしようかと
    前向きに悩んでます。

    ========

    ではまた。

    23:05:19
    先週末、土曜
    めずらしく花火を観にいった。



    19:50:00
    またしばらく更新していないことに気づいた。



    16:23:26
    今日の夢の話である。

    レプティリアン=爬虫類人間。

    映画『Visiter』を観たことある人なら、まさしくあれです。
    (よく典型的な宇宙人として紹介されるグレイなどは
    目が全面真っ黒だから今回のはちょっと違う。)

    そいつに僕は、いつのまにか身体をのっとられていたのだった。
    何をしていた場面かは忘れた。
    トイレで鏡を見ている。
    みるみるうちに黒目の部分が猫のように縦に細く、白目の部分は黄色になり
    舌を出すと、蛇のように先の二股になった黒い細い舌がペロリ。
    まずい、気をつけよう。
    ふと気がぬけたり、慌てたりすると、本性が出てしまうようだ。
    何の童話だったか、婆さんに化けた猫が主人公の少女だか少年と食事をしていると、鼠が走ったとたん猫の姿に戻ってしまうように。

    そう思い、トイレから出たのだが
    誰と会っていたのか何についてその誰かと話をするのか
    まったく思い出せない。
    夢の話は以上。

    近ごろは音楽を作っていたが、昨日は何も意欲が起こらない。
    頼まれた曲だが、急ぎじゃないのでいったん放置。
    のらない時は、やらないにかぎる。

    なぜだか世界がとても静かに感じた。
    精神が魂の深いところに沈潜していったようだ。
    明鏡止水とまでいうとおこがましいけども
    都会にいながら騒音からまるで遮断された精神状態。

    ひたすら本を読むことにした。
    合計8時間くらいだろうか。
    5〜6冊を数十ページずつ行ったりきたり。
    しかし、どれも読み終わっていない。
    いや、一冊あったか。

    自分は常々数冊並行して読み続けている。
    外出用のカバンにはだいたい2〜3冊常備。
    一冊を数時間ぶっ通しで読むことはない。
    1時間はあるかもしれないが、2時間おなじ本を読むことはまずない。
    (まれに、よほど面白ければ、1時間読んで一服後、
    また同じのを1時間くらい読むことはある。)
    30分くらいで次の本に行くことが多い。
    たんに飽き性なのです。

    なぜ僕がレプティリアンになったかわからない。
    深層心理で、化けの皮がはがれるのを恐れているのだろうか。
    何も隠しごとをしてるつもりはない。
    おそらく読んでた本のなかに横尾忠則さんの
    『地球の果てまでつれてって』があって
    夢で、もしくは実際にUFOを見た体験をいくつも書いていたから
    誘発されたのだろう。

    僕もUFOとやらは、じっさい見たことがある。
    2度ほど。
    宇宙人が乗っているものかどうかはともかく。
    「Unidentified Flying Objects=未確認飛行物体」なのだから
    実物が何なのか確認できてないぶんには、UFOである。

    宇宙人も夢のなかでは、何度か会ったことがあるが
    その時分、矢追純一氏の著作にはまっていたから
    そういうことだろう。

    『地球の果てまで連れてって』という本は、
    元は別タイトルで、文庫化にあたりこの題に変更したそうだ。
    本人談によると、編集者がフランスの作家某の小説のタイトルにもそういうのがあるようだが知らないと
    書いていたが、サンドラールの『世界の果てまでつれてって』にちがいない。

    これは、70代の女優で、いまだ性欲おとろえない老婆の
    はちゃめちゃでぶっ飛んだ人生譚で、僕は好きだが
    世間的にあまり評価されていないように思う。
    同じ系統のセリーヌやジュネなどは
    濃厚な文学が好きな人には評価が高いのに。
    (文体も似ているんだけど、これは翻訳者の生田耕作氏が
    それらを兼ねているからしかたない。)

    まあ、書きなぐり過ぎてて、支離滅裂な面もあるし
    いや、それにしても僕にはジュネのほうがわかりづらい。
    そもそももう売られていないから、ふつうには読む機会自体なく
    もはや評価のしようがないのかもしれないが。
    僕が持っているのも、以前古本屋で絶版本として少々高値で買った。

    爬虫類人間から、だいぶ脱線してしまったようだ。

    じっさい、のっとられていたらどうしよう
    と別段不安にはならないけれども。
    彼らは、自由自在に姿を変えられるそうだ。
    のっとられた人は、あたかもそれまでの意識のまま
    何の違和感もなく生活するらしい。
    意識の根源からのっとられるということだろうか。
    性格や記憶までコピペ、というかハードディスクそのまま
    彼らに移植されて、容姿を僕自身に見せかけて生活していれば
    僕の意識は、見た目まるっきり同じの
    そのフェイクの身体に移っているわけだから
    気づくことはない。

    元々の僕の身体は、
    彼らの晩餐に食されたのかもしれない。
    その場合は、意識(魂)を抜きとった肉体だけの、
    抜け殻のようなものだから、
    痛みや恐怖を感知する意識がないから
    別にどうでもいい。くれてやるよ。

    世界の要人たち、大物たちは
    けっこうな確率でのっとられているらしい。
    Youtubeで証拠映像をたくさん観ることができる。

    真偽はともかく。


    では。


    エッセイ集 各99円で絶賛発売中

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

    『奇人たちの黄昏れ ~都会の隅の見聞録~』
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00OY64JI0

    『不器用な真実 ~なんでこうなるかな日記~』
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00P7JZ1XK

    『生乾きの日々 ~迷走と平熱の狭間で~』
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00PLBC7OU

    00:31:04
    昼間、テレビで(バイキングだったか)
    『終活』についての特集されていた。
    終とは人生の最後、死んだあとのための活動
    ということで終活。


    プロフィール

    寺澤晋吾(5°)

    Author:寺澤晋吾(5°)
    汎創作家。

    [音楽関連]
    ロックバンド fade [2002-2014]
      のギタリスト。現在無期限活動休止中。

    [美術関連]
    2002年頃より、カフェやギャラリーで展示を開始
    2011年 第44回かわさき市美術展 入選
    2012年 第45回かわさき市美術展 優秀賞
      2016年『三人展』@ギャラリー国立
      2017年 個展@ギャラリー国立
        第65回光陽展 入選
          第102回二科展 入選

    [文筆関連]
    下記5作品を電子出版
    2008年『夕焼けとにょろり』
    2008年『七日目の蝉』
    2010年『無理矢理な人たち~この素晴らしき世界~』
    2014年『バタフライダンスにSAYONARA』
      2016年『ラバープラネット』

      「寺沢ごど」としてエッセイも3作品、電子書籍で発売中。

    カテゴリ
    最新記事
    twitter
    小説
    小説/エッセイ等、8作品を
    発売中。(電子書籍のみ)

    【エッセイ集】

    『奇人たちの黄昏れ 〜都会の隅の見聞録〜』
    奇人たちの黄昏れ
    108円(税込)

    『不器用な真実 〜なんでこうなるかな日記〜』
    不器用な真実
    108円(税込)

    『生乾きの日々 〜平熱と迷走の狭間で〜』
    生乾きの日々
    108円(税込)


    【小説】
    『ラバープラネット』
    ラバープラネット
    324円(税込)

    『バタフライダンスにSAYONARA』
    バタフライダンスにSAYONARA
    540円(税込)

    『夕焼けとにょろり』
    夕焼けとにょろり
    324円(税込)

    『七日目の蝉』
    七日目の蝉 表紙
    324円(税込)

    『無理矢理な人たち
    ~この素晴らしき世界~』
    無理矢理な人たち
    432円(税込)
    fade CDs

    『Crossroad ~History of fade~』
    Crossroad
    ■DX盤 [SHM-CD+DVD]
    ¥3,600(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,500(w/tax)


    『天 ~TEN~』
    Ten
    ■DX盤 [CD+DVD]
    ¥2,880(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,469(w/tax)


    『Kings of Dawn』
    Kings
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,543(w/tax)


    『Age of Innocence』
    Ageof
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,100(w/tax)


    『To Find A Better Tomorrow』
    bettertomorrow
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,944(w/tax)
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    月別アーカイブ