SHINGO 5° TERASAWA blog
    2018/06«│ 2018/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/08
    文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
    --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
    21:00:44
    酔境の永いマンネリから醒めると雪国であった。
    頭の底が白くなった。

    雪化粧20130114

    しかし今日の雪って昨日の晴天から考えてあまりに雪すぎでしょ、雪しすぎでしょ。
    俺あんまこういうの好きじゃないなーいかにも雪してる感とゆうか雪雪オーラぷんぷん振りまいてるの、がんばった感なんとなく無理してる雪。
    何かに急かされてケツ叩かれながら化粧したもんだからとんだ厚化粧になってしまったような積雪。
    雪化粧とはいうけれど、それは東北や北陸のどこか田舎の牧歌的なのどかな風景に降り積もるから美しいのであって、こんな都会では一歩街に出ればグチャグチャの食べ残した金時かき氷みたいに醜い。

    そんな惨憺たる都会の雪景色。
    眠ってるうちに別のパラレルワールドに迷い込んだのかと思ったよ。
    でいあふたーとぅもろーかと思ったよ。

    でも、載せた写真は、ちょっとした裏通りで人通りも少ないから
    いい感じに寂れた感があって、ユトリロの絵画的でもあり
    こういうのは嫌いじゃない。

    元来、自分は雪が好きであった。
    自分の初恋の女の子の名も「ユキ」といった。
    その因果関係は、どちらかというと無いと思われるが、
    そもそも自分は紀伊半島の先っちょの辺りに育ったものだから、雪というものは数年に一度わずかに降るか降らないかの確率なので、降ったときにはよほど興奮したことを覚えている。

    ユキちゃんはといえば、たしか小学校4年のころ転入してきて6年生のころまた転校していったのだが、彼女がいたそのころ雪がふったかどうかは記憶が定かではない。
    ふったにしろ、一緒に雪で遊んだ記憶はない。
    しばらく文通していたり、正月には年賀状も送りあったりしていたが、
    自然とペースが遅くなり、自然と途絶えていった。
    たぶん最後は、僕が返事を書かなかったのだろう。
    今彼女はどうしているだろう。
    良家の社長令嬢であったから、よほどいいところの坊ちゃんとでも結婚してるのだろう。
    子供も何人かいるのかもしれない。
    幸せであってほしい。

    いやいや…、なんかおかしい。
    何をノスタルジーに浸っているのだ俺は。
    韓流映画の語りか。
    雪のせいだ。
    叙情的心境に落ち入らせる雪景色のせいだ。

    ユキちゃんのせいでは決してない。
    ユキちゃんの話は、いずれまた。
    (いや、「また」はないかもしれない。)

    話を戻そう。

    上京して数年の間は、雪が降るたび興奮したものだ。
    しかしもう十何年もこの満ちあふれているようで干涸びた大都会東京に住んでいると、
    もうよほど飽きた。いやだ。雪いらない。
    おそらくそれは、これから打ち合わせなのにとか、仕事なのに、スタジオなのに、などと大人のしがらみが絡んできているのが大いなる要因だと思われる。
    交通機関が麻痺したり乱れまくったりするから尚更だ。

    子供の時分には、徒歩数分の学校へ、雪を蹴飛ばしながら、あるいは近所の友達と連れだって道草して雪だるま作ったり雪合戦しながら登校するという遊びの延長でしかなかった。

    そんなふうに無邪気に毎日何も考えることなく生きていた幼少のころを
    今日は甚く懐かしくおもった。
    ああ、あの頃はよかったな、と。
    邪気の無いと書いて、無邪気。
    いい言葉だ。
    たまには戻ってみたいーー

    そう思うと、潮干狩りやどこか高原でのピクニックをしている家族の光景のかすんだ映像が脳裏に浮かんで来、そこではまだまだ腹の出てない凛々しい父親と見目麗しい快活な母親が笑顔で映っていて、エコー感の伴った子供の声ーーおそらく自分のーーが響き渡り、兄弟たちで無邪気に戯れて……

    …と、またそんな郷愁に浸りはじめるのは、やはり雪のせいだ。
    すべては、今日の意表をついた雪が悪い。

    ユキちゃんは何も悪くない。


    ではまた。
    関連記事
    スポンサーサイト


    次の記事:2013
    このページのトップへ
    前の記事:三分の二
    コメント
    No title
    雪どうしてくれましょう…
    明日は仕事…徒歩5分の距離なんですが
    確実に転ぶんです(T▽T)アハハ!
    着替え持って行かないときっとビショビショ…
    子どもの頃なんてそんなのお構いなしに楽しめたんですけどね。

    そう言えば私の成人式も大雪で…
    地元の成人式すっぽかして
    着物をすぐ脱いでギリギリ走ってた電車で
    目黒までLIVEに行った記憶が(笑)

    昔の無邪気な頃やら
    色々を思い出させてくれる雪ってことで…
    良かったのかな?(笑)

    emiko│URL│2013/01/14(Mon)22:18:56│ 編集
    Did I understand right to start with...?
    ゆきはいらない。私の気持ちもです。ざんねんです。いっしょにがんばりませんか?Until we can enjoy snow again like when we were kids & found joy in every little thing?!

    Ka-chan│URL│2013/01/15(Tue)03:08:50│ 編集
    …やはり。
    雪が降った夜は眠れない…。
    好きとか嫌いとかじゃなく、
    環境のせい。

    自宅の屋根がツルツル加工?
    なので、ある程度の雪が積もったり
    溶け出したりすると…
    まるで雪崩の如く

    ゴゴゴ…ゴゴゴ…ドッカーン!!

    半端なくウルサイ!!
    しかも寒さで腰痛&頭痛♪
    …気が付けば朝です。

    てか、すっかり道路が凍結。
    車のタイヤがブレまくり(- -;)
    たまらんです。


    Coo│URL│2013/01/15(Tue)05:58:21│ 編集
    Re: No title
    > 昔の無邪気な頃やら
    > 色々を思い出させてくれる雪ってことで…
    > 良かったのかな?(笑)

    そういうことにしてますw

    寺澤晋吾│URL│2013/01/18(Fri)08:48:12│ 編集
    Re: Did I understand right to start with...?
    > いっしょにがんばりませんか?Until we can enjoy snow again like when we were kids & found joy in every little thing?!

    がんばりましょー。
    Innocenceを忘れずに。

    寺澤晋吾│URL│2013/01/18(Fri)08:52:07│ 編集
    Re: …やはり。
    > しかも寒さで腰痛&頭痛♪
    > …気が付けば朝です。

    頭痛の後に「♪」を入れる気分がよくわかりませんがw
    やっぱもう雪は降らないでほしいものですね。

    寺澤晋吾│URL│2013/01/18(Fri)08:59:35│ 編集
    コメントの投稿










    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://5dogs.blog130.fc2.com/tb.php/74-315833a8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    プロフィール

    寺澤晋吾(5°)

    Author:寺澤晋吾(5°)
    汎創作家。

    [音楽関連]
    ロックバンド fade [2002-2014]
      のギタリスト。現在無期限活動休止中。

    [美術関連]
    2002年頃より、カフェやギャラリーで展示を開始
    2011年 第44回かわさき市美術展 入選
    2012年 第45回かわさき市美術展 優秀賞
      2016年『三人展』@ギャラリー国立
      2017年 個展@ギャラリー国立
        第65回光陽展 入選
          第102回二科展 入選

    [文筆関連]
    下記5作品を電子出版
    2008年『夕焼けとにょろり』
    2008年『七日目の蝉』
    2010年『無理矢理な人たち~この素晴らしき世界~』
    2014年『バタフライダンスにSAYONARA』
      2016年『ラバープラネット』

      「寺沢ごど」としてエッセイも3作品、電子書籍で発売中。

    カテゴリ
    最新記事
    twitter
    小説
    小説/エッセイ等、8作品を
    発売中。(電子書籍のみ)

    【エッセイ集】

    『奇人たちの黄昏れ 〜都会の隅の見聞録〜』
    奇人たちの黄昏れ
    108円(税込)

    『不器用な真実 〜なんでこうなるかな日記〜』
    不器用な真実
    108円(税込)

    『生乾きの日々 〜平熱と迷走の狭間で〜』
    生乾きの日々
    108円(税込)


    【小説】
    『痴恋(ちれん)』
    痴恋(ちれん)
    540円(税込)

    『ラバープラネット』
    ラバープラネット
    324円(税込)

    『バタフライダンスにSAYONARA』
    バタフライダンスにSAYONARA
    540円(税込)

    『夕焼けとにょろり』
    夕焼けとにょろり
    324円(税込)

    『七日目の蝉』
    七日目の蝉 表紙
    324円(税込)

    『無理矢理な人たち
    ~この素晴らしき世界~』
    無理矢理な人たち
    432円(税込)
    fade CDs

    『Crossroad ~History of fade~』
    Crossroad
    ■DX盤 [SHM-CD+DVD]
    ¥3,600(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,500(w/tax)


    『天 ~TEN~』
    Ten
    ■DX盤 [CD+DVD]
    ¥2,880(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,469(w/tax)


    『Kings of Dawn』
    Kings
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,543(w/tax)


    『Age of Innocence』
    Ageof
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,100(w/tax)


    『To Find A Better Tomorrow』
    bettertomorrow
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,944(w/tax)
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。