SHINGO 5° TERASAWA blog
    2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
    文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
    --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
    2011/04/06
    04:42:48
    池の魚は、その池だけが彼らの世界すべてだと思っている。
    でもわれわれ人間は、また別のところに池があることも知っているし、
    さらにもっと大きな、湖や海があることも知っている。

    同じように、人間はこの地球、宇宙空間がすべてだと思っているけれど、
    もしわれわれの次元を超えた存在がいるとしたら、
    彼らは、われわれが池の魚を見るように人間を見て、せせら笑っているのかもしれない。

    四次元以上の空間を考える場合
    そのような発想の転換が必要だと思う。




    かのコロンブスが、
    世界の果てはあるのかと聞かれたときに、
    「果ては無い。ただ延々と航海を繰り返すだけだ」
    というようなことを答えたという。

    たしかに、二次元では球体の概念はないから
    ぐるぐる回り続けて無限につづくように思える。
    しかし、三次元で考えると、球体であるため有限となる。

    宇宙空間を考えた場合、無限のように思えてしまうけれど、
    それも四次元での思考ができるとしたら単純な有限なるものなのかもしれず、
    はるか何億光年先の星でさえも、あっという間の距離でしかないのかもしれない。
    よくあるワープ航法の解説(紙に二つの点を書いて、折り曲げるとか)みたいに。

    現代では、世界(地球)の果てどころか、
    宇宙の果てはどうなのかという問題になっているけれど
    個人的には、宇宙は球体で、果てはあると思う。
    (ただ、膨張のスピードがはんぱないらしいけど)

    となると、その宇宙の球体の壁の先は?
    別の宇宙がある。
    あるいは、より大きな宇宙空間のなかに含まれた小さな宇宙たちの一つということなのかもしれない。

    われわれの住むこの宇宙なんぞは所詮
    広大無辺なる存在のなかの
    一つの細胞のようなものにすぎないのではないかと思う。
    その細胞たちが無数に集まってまた一つの巨大な何かができ、しかもその巨大なものもただの細胞にしかすぎず、それがまたより集まってべつの巨大な存在が形成され、、っていうのを繰り返していく。
    というような。
    なんか仏陀の芥子粒の例えだったか、そんな話みたいになってくるけども。

    人間の肉体は、時に小宇宙と呼ばれる。
    そもそもの最小構成要素である陽子、中性子からなる原子核からして
    その周りを電子がまわっているらしい。(もうすでに太陽と惑星の関係みたいな)
    で、その最小単位があつまって、分子となりDNAやらアミノ酸やらたんぱく質やらとなり、血液や細胞となり、それぞれ臓器や骨となり、ようやく身体が形成される。
    それはあたかも、無数の星が集まって銀河を形成するように思う。
    で、その小宇宙的存在である人が集まってコミュニティーや国となり、国が集まって地球/惑星的存在となり、惑星たちは太陽を回り、恒星が集まって銀河をつくり、銀河が集まって一つの宇宙となる。その宇宙たちが集まってさらなる大宇宙を形成し、それがまた更なる巨大宇宙を……。

    はてしない。
    頭が混乱してきそうになる。

    すでに古代エジプトの時代から、
    そんなことを凝縮したような言葉がある。
    「上にあるがごとく、下もかくあり」(byヘルメス文書)
    はてしない。
    ともかく思考がこんがらがってくる。

    まあようするに、
    われわれは各々が宇宙のように広大無辺なる存在ということです。
    池の魚のようになっていないか、
    自分の無限の可能性を知らずしらず限定してしまっていないか、
    もしそうなっていたら一刻も早く偏見やしがらみを脱ぎ捨てよう、ってね。

    と、なぜか自己啓発系で無理矢理しめてみましたが
    真夜中の暴走してしまった夢想を、
    こんなぶっとび話を最後まで読んでくれた方々
    ありがとうございます。


    ではまた。

    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    コメントの投稿










    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://5dogs.blog130.fc2.com/tb.php/3-74d322a9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    プロフィール

    寺澤晋吾(5°)

    Author:寺澤晋吾(5°)
    汎創作家。

    [音楽関連]
    ロックバンド fade [2002-2014]
      のギタリスト。現在無期限活動休止中。

    [美術関連]
    2002年頃より、カフェやギャラリーで展示を開始
    2011年 第44回かわさき市美術展 入選
    2012年 第45回かわさき市美術展 優秀賞
      2016年『三人展』@ギャラリー国立
      2017年 個展@ギャラリー国立
        第65回光陽展 入選
          第102回二科展 入選

    [文筆関連]
    下記5作品を電子出版
    2008年『夕焼けとにょろり』
    2008年『七日目の蝉』
    2010年『無理矢理な人たち~この素晴らしき世界~』
    2014年『バタフライダンスにSAYONARA』
      2016年『ラバープラネット』

      「寺沢ごど」としてエッセイも3作品、電子書籍で発売中。

    カテゴリ
    最新記事
    twitter
    小説
    小説/エッセイ等、8作品を
    発売中。(電子書籍のみ)

    【エッセイ集】

    『奇人たちの黄昏れ 〜都会の隅の見聞録〜』
    奇人たちの黄昏れ
    108円(税込)

    『不器用な真実 〜なんでこうなるかな日記〜』
    不器用な真実
    108円(税込)

    『生乾きの日々 〜平熱と迷走の狭間で〜』
    生乾きの日々
    108円(税込)


    【小説】
    『ラバープラネット』
    ラバープラネット
    324円(税込)

    『バタフライダンスにSAYONARA』
    バタフライダンスにSAYONARA
    540円(税込)

    『夕焼けとにょろり』
    夕焼けとにょろり
    324円(税込)

    『七日目の蝉』
    七日目の蝉 表紙
    324円(税込)

    『無理矢理な人たち
    ~この素晴らしき世界~』
    無理矢理な人たち
    432円(税込)
    fade CDs

    『Crossroad ~History of fade~』
    Crossroad
    ■DX盤 [SHM-CD+DVD]
    ¥3,600(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,500(w/tax)


    『天 ~TEN~』
    Ten
    ■DX盤 [CD+DVD]
    ¥2,880(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,469(w/tax)


    『Kings of Dawn』
    Kings
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,543(w/tax)


    『Age of Innocence』
    Ageof
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,100(w/tax)


    『To Find A Better Tomorrow』
    bettertomorrow
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,944(w/tax)
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。