SHINGO 5° TERASAWA blog
    2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
    文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
    01:52:43
    リリー・フランキーさんのエッセイ本に『誰も知らない名言集』というのがあって、
    それは、普通に聞くとなんでもない一言が、ある特定の切羽詰まった状況で発せられると
    名言になっちゃうというシチュエーションを集めたエッセイで
    これがすこぶる面白いのだけど

    昨夜、小生にもそのような名言を聞く機会が訪れた。



    深夜。
    都内、某住宅街の交差点。

    小生はチャリで信号待ちしていた。
    左側からタクシーがやってきた。
    そして、右側からは原チャが。

    彼らにしてみれば青なので、そのまますれ違えば何事もない。
    しかし、タクシーは右折しようとウィンカーを出し始めた。
    原チャもそれに気づいただろうが、
    直進優先してくれるはずのため、タクシーは原チャが過ぎ去るまで待機するものと思ったのか(まあ普通そうだろうけど)とくに止まる気配なく、突進。
    タクシーは、スピードをゆるめていたので止まるかと思いきや
    何を思ったか、そのままゆらりと右折してくる。
    原チャ、仕方なく減速しはじめたが、止まらない。
    タクシーが急停止してくれるだろうから、その隙き間をささっと抜けていこうとでも思っていたのだろうか。
    が、タクシーはそのままのろりと曲がってくる。

    あえなく、衝突。
    小生のほぼ目の前でのことだった。

    ドン (原チャ運転手、前方にすっ飛ぶ)

    ガシャ (原チャ倒れる)

    すっ飛んだ原チャの青年、即座にむくりと上体をおこし
    ヘルメットを取りながら、「なんっ…でやねん!」

    状況描写したから冗長になったが、
    その一場面の、流れのリズムが、すばらしかったのだ。

    ドン!
    ガシャ!
    なんっ…でやねん!

    のタイミングが絶妙で、
    不謹慎ながら、ぷぷ、と小生はウケてしまった。
    声の質からして、ザブングルのように悔しそうな表情だったことだろう。

    笑いというのは、間(ま)が命である。
    と(小生は門外漢ながら)断言してもよいかと思う。
    どんなつまらないネタでも間の取り方が上手い人がやると、おもしろい話になるし
    どんなおもしろいネタでも間が悪ければ、つまらなくなる。

    まあ、そんな口臭いウンチクは置いといて話を戻そう。

    すっ飛ばされた原チャの運転手が、ぐったりと起きなかったり、
    血でも流してたりしたら、それはそんなところではなく、
    すぐさま救急車でも呼んであげただろうけど
    見るからに、ビンビン元気である。

    なにせ、
    ドン、ガシャ、なんっ…でやねん!
    である。
    タメも効いている。大事だ。

    ひょっとすると、逆手ツッコミもしてたかもしれない。
    闇夜に向かって。
    シャドーツッコミだ。
    (あいにく暗くて、そこは判別しかねた。)

    タクシー運転手は、妙に落ち着き払っていて
    というか、人生を諦めた感のただよう
    サチ薄そうな虚ろな表情で、ひょうひょうと出て来て
    あー、すみません。。
    と今にも自害しそうな声細く謝罪する。

    「なんで曲がったんすかー、ああーー、もうぅぅぅぅーー」
    「ほんと、すみません。見えなくて…」
    「え、マジ、見えなかったんすかぁぁぁぁーー?」
    「は、はい…、ぼーっとしてたようで…」
    「ありえねええーー!」
    「すみませんすみません」
    「意味わかんねえー、あああーー」

    原チャの青年は元気なはずなのに
    寝っ転がったまま、だだこねる赤子のように
    両手両脚を終始ジタバタしている。
    まるで、信号のあたりから、誰かがマリオネットの糸でもって
    青年の手足を上下しているかのようだ。

    そんな光景を見ながら小生は先ほどの
    ドン、ガシャ、なんっ…でやねん!
    ドン、ガシャ、なんっ…でやねん!
    ドン、ガシャ、なんっ…でやねん!
    と数ループ思い出しているうちに
    またまた不謹慎にも、吹き出しそうになってきた。

    まずい。
    住宅街のため、人通りはあまりなかったが
    ちらほら歩いていた、まわりの通行人も近寄ってきて
    心配そうに、具合をたずねたりしている。
    「救急車は呼んだんですか?」
    「あ、私が、今……」とタクシーの運ちゃんが
    ケータイで救急車を呼んでいるようだ。

    原チャの青年は、いまだ寝っ転がっている。
    (本当に、どこか重傷で起き上がれなかったなら失礼だが)
    どうも厳格な大人が突如として、
    オンギャーオンギャー駄々こねはじめたようにしか見えず
    そこへ、ドン、ガシャ、なんでやねん!ドン、ガシャ、なんでやねん!ドン、ガシャ、なんでやねん!
    と、まるでサッカーのゴールを決めた直後からすぐゴールシーンが再生されるように
    ダイジェスト映像が脳内リピートするものだから
    やはり、まずい。
    もはや、耐えられない。

    あ、青になった。
    元気そうで何よりだし、さっさとおイトマした次第である。

    ところで今日、同じところを通ったら
    前面部が少し歪んだ原チャが残置されていた。


    無事を祈ります。

    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    普段からいい「間」の反射を持ったお兄ちゃんなんでしょうね(笑)
    のっそぉ~とのんびり生きてる私には真似できません(笑)

    原チャ青年のご無事をお祈りします。

    emiko│URL│2014/11/16(Sun)12:44:10│ 編集
    確かに…
    笑ってはいけないのに
    こらえきれなくなってしまう。
    年末の某番組にありそうなシュールさ。
    話は変わりますが、
    寺澤氏と某有名ギタリストが雰囲気かぶって見えてしまうんですが…
    サングラス、ギター裁き、ライブ中のステップ、その他諸々(文章も書きますw)。
    二人を並べてみたいです(๑¯ω¯๑)

    coo│URL│2014/11/16(Sun)15:04:40│ 編集
    emikoさん
    > のっそぉ~とのんびり生きてる私には真似できません(笑)

    のんびりした絶妙な間ってのもまたありますね。

    寺澤晋吾(5°)│URL│2014/11/18(Tue)21:17:51│ 編集
    Cooさん
    > 寺澤氏と某有名ギタリストが雰囲気かぶって見えてしまうんですが…

    誰でしょう。
    もしかして5°氏ですか?w 有名じゃないけど。

    寺澤晋吾(5°)│URL│2014/11/18(Tue)21:19:46│ 編集
    > 誰でしょう。
    もしかして5°氏ですか?w

    惜しい!w
    今年、57歳になる方です(ノω`)

    Coo│URL│2014/11/18(Tue)23:05:04│ 編集
    コメントの投稿










    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://5dogs.blog130.fc2.com/tb.php/159-7a96faec
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    プロフィール

    寺澤晋吾(5°)

    Author:寺澤晋吾(5°)
    汎創作家。

    [音楽関連]
    ロックバンド fade [2002-2014]
      のギタリスト。現在無期限活動休止中。

    [美術関連]
    2002年頃より、カフェやギャラリーで展示を開始
    2011年 第44回かわさき市美術展 入選
    2012年 第45回かわさき市美術展 優秀賞
      2016年『三人展』@ギャラリー国立
      2017年 個展@ギャラリー国立
        第65回光陽展 入選
          第102回二科展 入選

    [文筆関連]
    下記5作品を電子出版
    2008年『夕焼けとにょろり』
    2008年『七日目の蝉』
    2010年『無理矢理な人たち~この素晴らしき世界~』
    2014年『バタフライダンスにSAYONARA』
      2016年『ラバープラネット』

      「寺沢ごど」としてエッセイも3作品、電子書籍で発売中。

    カテゴリ
    最新記事
    twitter
    小説
    小説/エッセイ等、8作品を
    発売中。(電子書籍のみ)

    【エッセイ集】

    『奇人たちの黄昏れ 〜都会の隅の見聞録〜』
    奇人たちの黄昏れ
    108円(税込)

    『不器用な真実 〜なんでこうなるかな日記〜』
    不器用な真実
    108円(税込)

    『生乾きの日々 〜平熱と迷走の狭間で〜』
    生乾きの日々
    108円(税込)


    【小説】
    『ラバープラネット』
    ラバープラネット
    324円(税込)

    『バタフライダンスにSAYONARA』
    バタフライダンスにSAYONARA
    540円(税込)

    『夕焼けとにょろり』
    夕焼けとにょろり
    324円(税込)

    『七日目の蝉』
    七日目の蝉 表紙
    324円(税込)

    『無理矢理な人たち
    ~この素晴らしき世界~』
    無理矢理な人たち
    432円(税込)
    fade CDs

    『Crossroad ~History of fade~』
    Crossroad
    ■DX盤 [SHM-CD+DVD]
    ¥3,600(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,500(w/tax)


    『天 ~TEN~』
    Ten
    ■DX盤 [CD+DVD]
    ¥2,880(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,469(w/tax)


    『Kings of Dawn』
    Kings
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,543(w/tax)


    『Age of Innocence』
    Ageof
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,100(w/tax)


    『To Find A Better Tomorrow』
    bettertomorrow
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,944(w/tax)
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    月別アーカイブ