SHINGO 5° TERASAWA blog
    2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
    文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
    --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
    23:29:57
    梅雨があけてここ数日
    猛烈に暑い。
    そして夕方にはゲリラ豪雨。

    今日も例にもれずそんな一日だった。
    昼。
    暑さでへとへとな気持ちを
    日課である心象blogに吐き出し
    その後、なぜだかドヴォルザーク『新世界』を聴きたくなったので
    ひさびさに腰をすえて一曲まるごと聴いてみることにした。
    つまり1〜4楽章まで40分ほど。

    カラヤン指揮/ベルリンフィルハーモニーという
    自分にとっては最強のタッグである。

    さて、第一楽章がはじまるやいなや
    とてつもなく壮大なティンパニが轟いて
    おおぅっ、さすがのカラヤン&ベルリンフィル!
    と思わず自分は唸るのだったが
    どうもおかしい。やり過ぎだ。
    こんなにもあざといサラウンド効果だっけ?
    カラヤンにしては、盛り過ぎだ!
    などと逡巡しているうちに
    気づけば外はいつのまにかどんより曇っていて
    どうやらそれらの特殊効果音は
    蠢く暗雲からとどろく雷鳴のようであった。

    しかし、絶妙な相性だった。
    タイミングもよかったように思う。

    ホラーだかサスペンス映画の一場面。
    けつの穴がうずくようにぞくぞくと差し迫るような
    絶妙なサウンドエフェクト。

    さらに、あたかもカラヤンがタクトを振り、
    顔は斜め45°上方、薄めに眼をつぶって貫禄千万に構える様が
    ありありと浮かび上がってきたのだ。

    しかし、アダージョの第2楽章には、
    さすがに少々邪魔だった。
    なにしろ、自分のヴィジョンは広大なツンドラの雪原に訪れる春の
    或る夜明けの刻、ただよう靄が朝陽に照らされ更紗のように
    あざやかな彩りで大地をおおうなか
    北キツネの親子が白い息を吐きながら
    今まさに顔を出さんとする植物の芽を
    ついばもうと、てくてく歩いている…
    というような牧歌的な光景を見ていたのに、
    そこへ雷鳴である。
    心臓に悪い。

    章が進むごとに雷雨も激しさを増してくる。
    最終章のころには計ったようにクライマックスで
    まさしくカラヤンが汗と髪を振り乱してタクトを振っている
    そんじょそこいらのメタラーにも負けないヘヴィネスと音圧を
    生み出している最中、雷も負けじと光るわ光るわ鳴るわ鳴るわで
    相当の盛り上がりであった。

    自分のテンションもおかげでマックス。
    あたかもカラヤンが乗り移ったかのように
    自分もエアータクトを振っていた。
    汗がほとばしった。
    俺のひと振りで世界を動かす。
    そんな気分だった。
    勢いあまってタンスに手があたった。
    いたたたたたた。
    指の皮がむけている。
    しかし、おかまいなしにカラヤン&ベルリンフィルは
    どんどん熱く前に進む。
    待て待て待て待ていぃぃぃぃぃ〜〜!(ここはジョジョかディオ風で)
    自分も負けじと熱狂の渦に飛び込む。
    いつしか血と汗の混じったエアータクトを振っている。

    思えば水分補給も忘れていた。
    しかしその状態はすでに最終楽章だったのでモウマンタイだった。
    あと、数楽章でもあったなら
    熱中症になっていたかもしれない。

    ま、ともかく
    部屋にいながらスタジアムで交響楽を聴いたような
    そんな圧巻の演奏だったのです。
    (スタジアムでクラシックを聴いたことないが)

    というわけで、
    今後は曇りはじめたのを見計らって
    他の交響曲もかけてみようと思う。

    ベートーヴェンとか
    『運命』は間違いなく合うはずだ。

    ダダダだ〜〜〜ん。(雷鳴)
    ダダダだ〜〜〜ん。(近場に落雷)

    とか、はんぱない運命を感じる出だしだ。

    ではまた。
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    アハハハ(o^^o)♪
    気象と音楽のコラボw
    すごいタイミングでしたね!
    私はその頃某番組を見てました。
    夜中の例のあの方は見ましたか?
    面白かったけど、今回は少しユルかったかな…鬼瓦さんも出なかったし。
    太鼓田ドン→火薬田ドン→ジャニー喜多ノ川→本人でスタジオ。
    ちょい地味?

    Coo│URL│2014/07/27(Sun)23:42:45│ 編集
    悪天候の楽しい過ごし方(^-^)
    次の雷が楽しみですね

    私は残念ながらその楽しみ方が出来ないんですよね。
    雷鳴が近付くと、気絶した様に寝ちゃうんです。
    恐怖のあまり寝て回避( ̄▽ ̄;)

    あ、次はタンスにぶつけないよう気を付けてくださいね(笑)
    手フェチとしては絆創膏の指も萌えますが(爆)←私、危ない人?(笑)

    emiko│URL│2014/07/28(Mon)05:22:33│ 編集
    Re: タイトルなし
    COOさん

    > 気象と音楽のコラボw
    > すごいタイミングでしたね!
     
     神懸かりです。 

    > 夜中の例のあの方は見ましたか?

     ドンさん、前のほうがキレありましたね。。
     相変わらず面白かったですがね。
     お初の喜多ノ川さんもw

    寺澤晋吾│URL│2014/08/03(Sun)20:03:43│ 編集
    Re: タイトルなし
    emikoさん

    > 雷鳴が近付くと、気絶した様に寝ちゃうんです。

     せめてヘソ隠して寝てくださいね。


    > あ、次はタンスにぶつけないよう気を付けてくださいね(笑)

     重々気をつけます。

    寺澤晋吾│URL│2014/08/03(Sun)20:05:21│ 編集
    コメントの投稿










    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://5dogs.blog130.fc2.com/tb.php/143-8744fb7d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    プロフィール

    寺澤晋吾(5°)

    Author:寺澤晋吾(5°)
    汎創作家。

    [音楽関連]
    ロックバンド fade [2002-2014]
      のギタリスト。現在無期限活動休止中。

    [美術関連]
    2002年頃より、カフェやギャラリーで展示を開始
    2011年 第44回かわさき市美術展 入選
    2012年 第45回かわさき市美術展 優秀賞
      2016年『三人展』@ギャラリー国立
      2017年 個展@ギャラリー国立
        第65回光陽展 入選
          第102回二科展 入選

    [文筆関連]
    下記5作品を電子出版
    2008年『夕焼けとにょろり』
    2008年『七日目の蝉』
    2010年『無理矢理な人たち~この素晴らしき世界~』
    2014年『バタフライダンスにSAYONARA』
      2016年『ラバープラネット』

      「寺沢ごど」としてエッセイも3作品、電子書籍で発売中。

    カテゴリ
    最新記事
    twitter
    小説
    小説/エッセイ等、8作品を
    発売中。(電子書籍のみ)

    【エッセイ集】

    『奇人たちの黄昏れ 〜都会の隅の見聞録〜』
    奇人たちの黄昏れ
    108円(税込)

    『不器用な真実 〜なんでこうなるかな日記〜』
    不器用な真実
    108円(税込)

    『生乾きの日々 〜平熱と迷走の狭間で〜』
    生乾きの日々
    108円(税込)


    【小説】
    『ラバープラネット』
    ラバープラネット
    324円(税込)

    『バタフライダンスにSAYONARA』
    バタフライダンスにSAYONARA
    540円(税込)

    『夕焼けとにょろり』
    夕焼けとにょろり
    324円(税込)

    『七日目の蝉』
    七日目の蝉 表紙
    324円(税込)

    『無理矢理な人たち
    ~この素晴らしき世界~』
    無理矢理な人たち
    432円(税込)
    fade CDs

    『Crossroad ~History of fade~』
    Crossroad
    ■DX盤 [SHM-CD+DVD]
    ¥3,600(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,500(w/tax)


    『天 ~TEN~』
    Ten
    ■DX盤 [CD+DVD]
    ¥2,880(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,469(w/tax)


    『Kings of Dawn』
    Kings
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,543(w/tax)


    『Age of Innocence』
    Ageof
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,100(w/tax)


    『To Find A Better Tomorrow』
    bettertomorrow
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,944(w/tax)
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。