SHINGO 5° TERASAWA blog
    2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
    文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
    01:09:20
    一週間前は母の日でしたが、すっかり忘れ
    二日後に、遅ればせながら母上様に
    ねぎらいの言葉をメールをまさにしていた最中のこと。

    ウクライナ人留学生が、セールスにきた。

    ザッケローニなぜだ
    学費の足しに、故郷の手作り工芸品を
    売り歩いているという男子学生。
    青い目のコケイジャン。毛濃いじゃん。

    これまた手作りの木箱のようなものを開けて、
    なかを見せてくれると
    マトリョーシカをはじめ、マトリョーシカキーホルダーやら
    マトリョーシカペンやらブレスレットなどいろいろ種類があった。

    自分は新作小説の推敲中だったのだが
    マトリョーシカを比喩として使った場面が出てくるので、
    とんだ偶然の一致にギョッとした。
    偶然とは必然らしいですがね。

    ギョッとした必然として、魚クンって知ってるかと聞くとウクライナ人は知らないと言う。
    当然だ。しかたない。
    あわよくば、ギョギョ〜と返してくれるのを期待した自分は、
    いかにも浅はかであった。
    万一、偶然知っていたとしても、この場合も
    必然的に彼は魚クンを知る運命だったということに!?
    なるかよ。なってたまるか。

    ともあれ、母の日だったし(過ぎてたが)
    そんな偶然もあり、これは何かあるなと思い
    せっかくだからマトリョーシカ人形を買ってあげた。
    たまには勉学忘れて、ウォッカでも飲みなさいね、と。

    マトリョーシカ

    で、せっかく母の日だから(やはり過ぎてたが)
    珍しくプレゼントとして実家に送ってあげた。
    今までほとんどメールか電話のみで、
    ねぎらいの言葉を送ってただけだったんですけれどもね。

    先日、無事届いたようで
    母上様からテンション高いメールが来た。
    とても喜んでいた。よかった。

    さて、親孝行して良い息子ですアピールしたところで
    今回は筆を置きますというわけにはいかないのが
    世の常というか自分の常というか我が性癖とでもいうべきものでして
    そのウクライナ人留学生との話も終わらなかった。

    自分は、「ウクライナといえば、国内情勢も大変でしょうけど、がんばってくださいね」
    というような内容を片言英語で伝えようと思ったら肝腎の「国=country」がなぜか出てこない。
    (酒による脳の萎縮はとうとうここまで来たか。)
    しかたないから、すごーくゆっくり日本語で言えばある程度わかるだろうと
    しかし、コクナイジョウセイなんて言葉は理解できないだろうから単純に
    クニガ タイヘンデショウケド…云々と言ったのだが
    「ク、クニィガ? クニガー? クニガァァー?? %$#*¥+!!」
    なぜかしら驚いている。
    驚いたのはこっちだ。
    ミミガーじゃないんだからアンタ。
    そんな楳図かずおみたいな驚愕の表情するもんじゃありませんよ。

    ひょっとしたらクニガーとは、ウクライナでは卑猥な言葉を意味するのだろうか?
    というのも、例えばカツオなんて、
    そのままイタリア人に言えば笑いころげるそうだ。
    金タマを意味するらしい。

    イタリアでサザエさんを放映する場合は
    名前を変えないといけない。
    せめてカツオ君だけでもボニート(=Bonito、カツオの英名)君とかね。
    イタリア語でカツオは知りません。
    (検索すりゃすぐ出るんだろうけども、そこに時間と紙面を割いてる場合ではない。)

    ところで、カツオといえば
    スジガツオという種類が僕の故郷和歌山近海で穫れるのだけれども
    これが、スガシカオに見えてしかたない。
    願わくば、スガシカオさんに、スジガツオというタイトルの曲かアルバムを
    リリースしてもらいたいものだ。

    スガシカオ『スジガツオ』

    なーんて表記はなかなか粋だと思う。
    いや、もしくは
    スガシカオ氏のモノマネをする人で
    スジガツオって芸名だとインパクトあって良さげだ、誰かやってください。

    さて、卑猥言葉に話を戻すと、
    我が国に長年住む知人の外人さんでも、
    はじめ普通の会話ができなくとも卑猥なスラングはすぐ覚えたそうだ。
    エロ用語なんて、男どもが興味をもつのは万国共通。
    α波が出るからとかで、覚えやすいのだろう。

    そう考えると、あのウクライナ人も日本語は片言ながら
    卑猥表現には堪能だったのかもしれず、
    クニは知らないがクンニは知っていたのかもしれない。

    つまり、(日本じゃウクライナ女性と勝手が違って)
    クンニリングスが大変でしょうけど!
    頑張ってくださいね!(息せき切って)
    と解釈されたことになる。死にたい。
    よりによって僕は実に憐れみのこめた眼差しを送っていたのだ。

    なんという世話焼きな変態男に我が故郷の誇るマトリョーシカを
    売ってしまったのだろうか、と
    彼はおおいに後悔したに違いない。

    そして、こんな記事を我が母上が読んでしまったら
    なんという卑俗な子供を私は産んでしまったのでしょう
    と懺悔し苦悶と後悔の老後を送ることになるだろう。
    穢れた息子からのマトリョーシカにも悪霊が潜んでいると
    過剰解釈し、砕かれ燃やされるに違いない。

    なので、我が母上には
    このブログの存在を教えていない。
    今後も教えるつもりはない。ない。ない。
    ばれないことを願ってます。

    マトリョーシカは家族の絆をかたくし
    幸せを運んでくれるそう。
    ばれないよう、守ってくれるはず。

    母上お身体に気をつけて。


    ではまた。


    《追記》:マトリョーシカ画像の添付忘れてたので追加しました。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    ピンチ?
    お母様…たどり着いたりして。
    このブログのURLが書いてある
    某サイトを知っていたら…( ´△`)アァ-
    そもそも私が名前だけで
    ここにたどり着いたりしたしw
    アリエール。
    ちなみに私は母の日に
    バカみたいにデカイ花束を贈りました♪
    …花瓶に入り切らず、結果小分けする。
    軽くやらかしました(-ω-;)
    蕾が開き、更にデカくなってます。
    デカ過ぎて玄関にしか置けませんw
    玄関にスプレーカーネーション45本。
    ※花瓶ではなく果実酒とか作る瓶使用!
    残り15本は花瓶に収まり、仏壇へ。
    もはや、感謝なのか嫌がらせなのか
    わからなくなってきました( ´△`)アァ-

    Coo│URL│2014/05/18(Sun)02:54:03│ 編集
    No title
    母の底知れぬ力は怖いですよ。
    CIAかKGBかと思うぐらい
    Blog読まなくても
    息子の本性はバレてます(笑)

    我が家の母の日は、
    息子に何が欲しい?と聞かれ
    『安息』と即答してお昼寝させてもらいました。
    母(ばぁば)には戦闘服(エプロン)です(笑)

    卑猥に聞こえる日本語…
    バリ語にもあるらしいんですよ

    かの有名な『カトちゃんペッ』って

    意味は…
    呑んでないんで言えません!
    いや、普通に呑んでても無理!
    泥酔してれば言えます!(笑)

    emiko│URL│2014/05/19(Mon)00:22:21│ 編集
    Re: ピンチ?
    > お母様…たどり着いたりして。
    > そもそも私が名前だけで
    > ここにたどり着いたりしたしw

     わが母上はたぶんPCで検索するやり方も
     知ってるかどうかなぐらいなので、おそらく大丈夫かと。。w

    > 玄関にスプレーカーネーション45本。
    > もはや、感謝なのか嫌がらせなのか
    > わからなくなってきました( ´△`)アァ-

     いやいや、やっぱうれしいと思いますよ。
     愛情につつまれる感じで喜んでいることでしょう。

    寺澤晋吾│URL│2014/05/25(Sun)17:54:01│ 編集
    Re: No title
    > 母の底知れぬ力は怖いですよ。
    > Blog読まなくても
    > 息子の本性はバレてます(笑)

     母の嗅覚というか直感は鋭いですよね。
     しかしバレてるかなー^^;


    > かの有名な『カトちゃんペッ』って
    >

     気になりますねー。
     検索しても出てきませんでした。。
     あのジェスチャーはドイツだと逮捕される、とかあったけどw


    寺澤晋吾│URL│2014/05/25(Sun)18:04:39│ 編集
    『ちゃん』だけは素面でも言えます!(笑)
    『私』です。
    もし酔っ払ってる私を何処かで見かけたら聞いてください(笑)←酔うのかコイツ(笑)

    emiko│URL│2014/05/27(Tue)18:27:25│ 編集
    コメントの投稿










    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://5dogs.blog130.fc2.com/tb.php/136-30b20574
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    プロフィール

    寺澤晋吾(5°)

    Author:寺澤晋吾(5°)
    汎創作家。

    [音楽関連]
    ロックバンド fade [2002-2014]
      のギタリスト。現在無期限活動休止中。

    [美術関連]
    2002年頃より、カフェやギャラリーで展示を開始
    2011年 第44回かわさき市美術展 入選
    2012年 第45回かわさき市美術展 優秀賞
      2016年『三人展』@ギャラリー国立
      2017年 個展@ギャラリー国立
        第65回光陽展 入選
          第102回二科展 入選

    [文筆関連]
    下記5作品を電子出版
    2008年『夕焼けとにょろり』
    2008年『七日目の蝉』
    2010年『無理矢理な人たち~この素晴らしき世界~』
    2014年『バタフライダンスにSAYONARA』
      2016年『ラバープラネット』

      「寺沢ごど」としてエッセイも3作品、電子書籍で発売中。

    カテゴリ
    最新記事
    twitter
    小説
    小説/エッセイ等、8作品を
    発売中。(電子書籍のみ)

    【エッセイ集】

    『奇人たちの黄昏れ 〜都会の隅の見聞録〜』
    奇人たちの黄昏れ
    108円(税込)

    『不器用な真実 〜なんでこうなるかな日記〜』
    不器用な真実
    108円(税込)

    『生乾きの日々 〜平熱と迷走の狭間で〜』
    生乾きの日々
    108円(税込)


    【小説】
    『ラバープラネット』
    ラバープラネット
    324円(税込)

    『バタフライダンスにSAYONARA』
    バタフライダンスにSAYONARA
    540円(税込)

    『夕焼けとにょろり』
    夕焼けとにょろり
    324円(税込)

    『七日目の蝉』
    七日目の蝉 表紙
    324円(税込)

    『無理矢理な人たち
    ~この素晴らしき世界~』
    無理矢理な人たち
    432円(税込)
    fade CDs

    『Crossroad ~History of fade~』
    Crossroad
    ■DX盤 [SHM-CD+DVD]
    ¥3,600(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,500(w/tax)


    『天 ~TEN~』
    Ten
    ■DX盤 [CD+DVD]
    ¥2,880(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,469(w/tax)


    『Kings of Dawn』
    Kings
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,543(w/tax)


    『Age of Innocence』
    Ageof
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,100(w/tax)


    『To Find A Better Tomorrow』
    bettertomorrow
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,944(w/tax)
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    月別アーカイブ