SHINGO 5° TERASAWA blog
    2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
    文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
    2011/05/08
    23:19:10
    私はそのむかし
    と或る高層ビル内に派遣社員として
    スーツを着て努めていたことがあるのですが
    まあそのころの話である。
    その男を目撃してしまったのは
    ちょうど今の時季より少し前の4月のある日
    まだまだ花粉の舞う昼休みのことだった。

    私は社内食堂で麻婆茄子丼を食していたのだが
    その右斜め前にちぢれ毛の落ち武者のような男が座していた。

    ベンだ。

    私は思った。
    和田てきな意味でのベンである。
    もしくは、毛を少なくしたお茶の水博士か
    太らせたカルロス・サンタナといったところだ。

    男は、おそらく掃除夫であろうニッカボッカー的作業着を着て、八宝菜丼を食していたのだが
    私と目があうなり、ふふんといった表情をしてすぐにそらした。
    彼から見れば10~20も若い私のことをケツの青いちんちくりんと見下していたのか
    もしくは、私が麻婆丼(280円)を食していたのを見て
    彼はそれよりも100円高い八宝菜丼380円であったから
    いささか勝ち誇った気分でこちらを蔑んでいたのかもしれない。

    「みずぼらしい作業着姿の俺が、スーツ姿のお前さんより高級な食事にありつけてるんだぜ。へへへ。
    学歴社会の奴隷になったあげくそんなものにしかありつけねえなんざあ
    情けないったらありゃしねえなー。くわっくわっくわ」

    とでも言うようにほくそ笑みながら。

    ところで、八宝菜を丼にすれば中華丼となるはずだが
    ここの食堂のメニューでは、かたくなに「八宝菜丼」と太い字で主張してゆずることはなかった。
    それは今もって謎であるがそんなことは捨て置き

    そこから目線をあげていくと
    男の異様に鬱血しただんご鼻に私は気づいた。

    なんと耳栓を鼻に差していたのだ。

    私は悶絶した。
    麻婆のミンチが鼻から逆流してきそうだった。
    辛味主成分カプサイシンが鼻腔を刺激するからなおさらである。
    無意味に携帯をいじり、できるだけ鼻栓を意識から排除しようとこころみた。
    無理だった。
    この躍動がおさまるまで麻婆を口にしないことに決め
    男のほうを見ないようにも決心したつもりだったが
    それもやはり無理というものだ。
    人間というものは重力に勝てないのと同じく
    好奇心にも勝てない宿命(さだめ)なのだ。

    一度、八宝菜が喉につっかえたのか
    ふいに鼻栓が飛び出すアクシデントに遭遇したが
    意外と機敏なベンは、いかにもさりげなくキャッチしてハメなおし
    まるで何事もなかったかのようにもくもくと八宝菜丼を食べ続けたのだった。

    私はここ一番、必要以上に携帯を凝視しようとしたが、やはり無理だった。
    かろうじて、麻婆の辛味のため咳き込んだふうをつくろってやりすごした。

    というわけで食の進まない私は男を見送るまで
    はからずも腹筋を鍛えられることになった。

    今日もどこかで彼は鼻栓をしているのだろうかと思うと
    あの日の邂逅を思い、涙腺がゆるむこのごろです。


    ではまた。
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    コメントの投稿










    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://5dogs.blog130.fc2.com/tb.php/12-c2985c05
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    プロフィール

    寺澤晋吾(5°)

    Author:寺澤晋吾(5°)
    汎創作家。

    [音楽関連]
    ロックバンド fade [2002-2014]
      のギタリスト。現在無期限活動休止中。

    [美術関連]
    2002年頃より、カフェやギャラリーで展示を開始
    2011年『第44回かわさき市美術展』入選
    2012年『第45回かわさき市美術展』優秀賞
      2016年 10月『三人展』@ギャラリー国立
      2017年2月『個展』@ギャラリー国立
        3月『グループ展』@ギャラリー国立
        4月『第65回光陽展』入選

    [文筆関連]
    下記5作品を電子出版
    2008年『夕焼けとにょろり』
    2008年『七日目の蝉』
    2010年『無理矢理な人たち~この素晴らしき世界~』
    2014年『バタフライダンスにSAYONARA』
      2016年『ラバープラネット』

      「寺沢ごど」としてエッセイも3作品、電子書籍で発売中。

    カテゴリ
    最新記事
    twitter
    小説
    小説/エッセイ等、8作品を
    発売中。(電子書籍のみ)

    【エッセイ集】

    『奇人たちの黄昏れ 〜都会の隅の見聞録〜』
    奇人たちの黄昏れ
    108円(税込)

    『不器用な真実 〜なんでこうなるかな日記〜』
    不器用な真実
    108円(税込)

    『生乾きの日々 〜平熱と迷走の狭間で〜』
    生乾きの日々
    108円(税込)


    【小説】
    『ラバープラネット』
    ラバープラネット
    324円(税込)

    『バタフライダンスにSAYONARA』
    バタフライダンスにSAYONARA
    540円(税込)

    『夕焼けとにょろり』
    夕焼けとにょろり
    324円(税込)

    『七日目の蝉』
    七日目の蝉 表紙
    324円(税込)

    『無理矢理な人たち
    ~この素晴らしき世界~』
    無理矢理な人たち
    432円(税込)
    fade CDs

    『Crossroad ~History of fade~』
    Crossroad
    ■DX盤 [SHM-CD+DVD]
    ¥3,600(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,500(w/tax)


    『天 ~TEN~』
    Ten
    ■DX盤 [CD+DVD]
    ¥2,880(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,469(w/tax)


    『Kings of Dawn』
    Kings
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,543(w/tax)


    『Age of Innocence』
    Ageof
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,100(w/tax)


    『To Find A Better Tomorrow』
    bettertomorrow
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,944(w/tax)
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    月別アーカイブ