SHINGO 5° TERASAWA blog
    2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
    文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
    2017/01/09
    11:57:23
    遅ればせながら、あけましておめでとうございます。



    この正月は数年ぶりに実家で過ごしました。
    兄弟みなそろったのもひさしぶりで、例年にないあたたかい三が日を家族団らん、のんびりとできました。

    昨年は、父が入院やら手術やらを繰り返したり、90になる祖母もいたりと、
    あと何度いっしょに年越しを迎えられるかと思うと、せつない。
    これからも時間の許すかぎり、なるべくいっしょにいたいと思う。

    去年あたりから、月一程度で都内近郊の神社仏閣を参拝することにしていましたが、
    そうやっていろんなところを巡ったあとで、地元熊野地方のいくつかの神社を初詣がてらお参りにいくと、改めてこのあたりは強烈な気がみなぎる地域だったんだなと再認識することになりました。

    速玉大社〜神倉神社〜那智大社〜玉置神社と四つお参りしてきましたが、
    それらの写真などは、後日、アップ、、、するかもしれません。

    来月の個展のDMがそろそろ完成します。
    近日ここにもアップしますね。

    それでは、今年もよろしくお願いいたします。
    スポンサーサイト

    2016/01/12
    18:27:42
    あけすぎまして、おめでとうございます。
    今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



    イラストでの挨拶ついでに
    秋ごろに仕上げた大きめの絵画作品も
    こちらにアップしていなかったことに気付いたので
    ついでながら掲載しておきます。

    kodou 大門坂

    タイトル:KODOU #1 (於 熊野古道、大門坂)
    サイズ:F50(910×1167mm)
    acrylic on canvas

    我が故郷和歌山の、世界遺産熊野古道をモチーフに、
    実際の大門坂を、すこうし異世界ふうに。

    タイトルには、「古道」はもちろんのこと「孤道」や「誇道」の意味を込めて。

    またしばらくしたら大きめの絵も描いていこうとおもいます。

    イラストな感じで大きなキャンバスに描くのも
    面白いかも、と思ったり企んだりしてます。

    明日から、実家にちょこっと帰ります。
    オフピーク帰省ってやつです。

    ではまた。

    18:53:55
    昨日、「マッサン」を観た。
    一週ぶんを20分に凝縮したダイジェスト版というものが
    最初から最後までやっていたのを
    全25週通しで見てしまった。
    いや、気付いたときには、第3週とかだったけど
    そこからぶっ続けで。



    2015/11/21
    23:25:01
    昨日、最後の外来検診に行き
    治療は完全に終了しました。

    めでたし。

    その夜、快気祝いと称して
    ちょっとした飲み会をひらいていただき
    深い時間までたらふく飲む。

    しかし無駄に飲み過ぎず
    一口ひとくちをしっかり味わいながら
    美味しく飲み食いできることに
    今さらながらに感謝。

    まったくもって
    健康であってこそ
    気持ちよく酔えるものだと
    あらためて実感した次第。

    退院してからもいろいろと
    虫垂炎について調べれば調べるほど
    よほど命にかかわる状態だったのだと
    よくよくわかって来ては
    助かった命のありがたみを
    しみじみと身にしみております。

    (日本では明治時代後期に、
    ようやく虫垂炎の手術がされるようになったらしく
    しかし、手術したとしても死亡率15%だったそう)

    少々おおげさだけれども
    生きながらえたのは、まだまだ
    この世でやるべきことが、
    使命が、あるのだと思い
    (昨夜においては、この夜でやるべきことは指名だったが)

    一日いちにちを、一瞬いっしゅんを
    大切に生きてゆこうと
    自分がこの世に存在した証を
    より濃く残しておきたいと
    なおいっそう創作意欲に
    火がついております。

    自分の内面世界を作品へと昇華し
    精神の永遠の結晶をこの世に遺すのである。

    音楽も文学も絵画も
    湧きあがるままガムシャラに
    吐き出してやるのだ。

    いつ死んでも後悔のないように
    「良く」生きた、と思えるように。


    太陽の恵みに
    海の幸、山の幸に
    きれいな水があることに
    澄んだ空気があることに
    おいしい酒があることに
    そして、人間の食べ物や衣服となるため
    命を捧げてくれる動物たちに
    感謝。

    地球に感謝。

    うつくしい自然を汚してはならない。

    ・・・・と、
    感慨深くひたっているそばから
    忘年会シーズンの到来
    年末年始はまたよく飲んでしまうのかもしれず、
    へべのれけとなって記憶がぶっ飛び
    醜態をさらしているのかもしれません。

    まあ、波のあったほうが人生おもしろいものですんで
    ネタになるし、人としての深みも出るのでしょうし
    そんな諸々を今後もわくわくしながら
    生きてゆく。

    ではまた。


    23:07:32
    かなりの期間、更新していなかったのは
    タイトルのとおり入院していたからで
    しかしながら初と書いたけれども
    過去、急性アル中で三度運ばれたうちの
    三度とも一泊しているので
    厳密にいうと初ではない。

    というわけで、事後報告ですが
    重度の虫垂炎(盲腸)で
    今月初旬から入院しておりました。

    バックトゥーザフューチャー2で未来に来た日だという本日
    無事退院。
    俗世に還ってきました。
    これからも適度に俗なことをして
    生きてゆこうと思います。


    さて、簡単に経緯をまとめると:

    今月に入り、猛烈な腹痛と発熱、悪寒に襲われ、
    ひとまず内科で診てもらうと「急性腸炎」という診断。
    糞詰まりが原因の痛みだという。
    (ちょうど自分には珍しく便秘ぎみだったので、信じた)

    鎮痛剤、解熱剤、そして浣腸を処方される。
    独り、部屋で人目を忍んでやるにもとても恥辱を感じる人生初浣腸までしたのに数日たってもいっこうに改善せず、むしろ悪くなるばかり。

    別の内科で診てもらうと、
    これはまずい、ウチじゃ手のつけようがないから
    すぐに大学病院へ行ってください
    と紹介状を渡される。

    近くの大学病院におもむき即入院。
    あと2日ほど治療が遅れてたら死んでたかも、と。
    助かった。

    二三日、抗生剤で膿や炎症を抑えてから、
    (といってもすでに虫垂の膿が破裂して飛び散ってたらしいけれど)
    その後、手術は無事成功。
    しかし、入院まで我慢して生活しすぎたためか
    小腸などもぐちゃぐちゃで腸閉塞ぎみになっていたようで
    腸全体の状態回復のため
    術後もさらに10日ほど引き続き入院。

    完全回復ではないが、本日はれて退院。

    今後しばらくは、飲み薬と外来で治療してゆく予定。

    重々安静に、自愛いたします。

    後日、くわしい闘病記などを
    書くかどうかは…未定!

    =========

    追伸1:

    そういや、ここ20日ほどは
    酒もタバコも摂取しておりません。
    数日、絶食、絶飲もしてたし
    いろんなものが削ぎ落とされた気分。
    すごいデトックス効果です。

    このままタバコはやめようかと思う。
    酒は、やめません。
    やめてやりません。
    やめるものか。
    ただ、これを機に量を減らすようにはしようと……。

    とはいえ、退院後も
    腸が落ち着くまで、絶酒しないといけないようで
    しばらく飲みに行かれません。無念。

    家にスコッチやアブサンのボトルがあるのに。
    とうぶん鑑賞用とします。

    =========

    追伸2:

    入院時にはいていったピッタリのジーンズが
    ゆるゆるになった。

    本を読みまくった。
    考え事し過ぎた。

    たまに看護師が天使のように
    愛おしく感じる瞬間がある。
    瞑想し、心を空にした。

    パラマウントベッドは心地よい。

    ギターを2週間も弾けず、かなしかった。

    病院の売店で、なつかしのボンタンアメを見つけ感動。
    ひさびさにハマる。



    とはいえ、入院中は甘いものを
    極力控えたほうがいいので
    2日で一箱ペースになんとか抑える。

    タバコをやめる代わりに
    カートンでボンタンアメを買いだめしようかと
    前向きに悩んでます。

    ========

    ではまた。

    プロフィール

    寺澤晋吾(5°)

    Author:寺澤晋吾(5°)
    汎創作家。

    [音楽関連]
    ロックバンド fade [2002-2014]
      のギタリスト。現在無期限活動休止中。

    [美術関連]
    2002年頃より、カフェやギャラリーで展示を開始
    2011年『第44回かわさき市美術展』入選
    2012年『第45回かわさき市美術展』優秀賞
      2016年 10月『三人展』@ギャラリー国立
      2017年2月『個展』@ギャラリー国立
        3月『グループ展』@ギャラリー国立
        4月『第65回光陽展』入選

    [文筆関連]
    下記5作品を電子出版
    2008年『夕焼けとにょろり』
    2008年『七日目の蝉』
    2010年『無理矢理な人たち~この素晴らしき世界~』
    2014年『バタフライダンスにSAYONARA』
      2016年『ラバープラネット』

      「寺沢ごど」としてエッセイも3作品、電子書籍で発売中。

    カテゴリ
    最新記事
    twitter
    小説
    小説/エッセイ等、8作品を
    発売中。(電子書籍のみ)

    【エッセイ集】

    『奇人たちの黄昏れ 〜都会の隅の見聞録〜』
    奇人たちの黄昏れ
    108円(税込)

    『不器用な真実 〜なんでこうなるかな日記〜』
    不器用な真実
    108円(税込)

    『生乾きの日々 〜平熱と迷走の狭間で〜』
    生乾きの日々
    108円(税込)


    【小説】
    『ラバープラネット』
    ラバープラネット
    324円(税込)

    『バタフライダンスにSAYONARA』
    バタフライダンスにSAYONARA
    540円(税込)

    『夕焼けとにょろり』
    夕焼けとにょろり
    324円(税込)

    『七日目の蝉』
    七日目の蝉 表紙
    324円(税込)

    『無理矢理な人たち
    ~この素晴らしき世界~』
    無理矢理な人たち
    432円(税込)
    fade CDs

    『Crossroad ~History of fade~』
    Crossroad
    ■DX盤 [SHM-CD+DVD]
    ¥3,600(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,500(w/tax)


    『天 ~TEN~』
    Ten
    ■DX盤 [CD+DVD]
    ¥2,880(w/tax)
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,469(w/tax)


    『Kings of Dawn』
    Kings
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,543(w/tax)


    『Age of Innocence』
    Ageof
    ■通常盤 [CD]
    ¥2,100(w/tax)


    『To Find A Better Tomorrow』
    bettertomorrow
    ■通常盤 [CD]
    ¥1,944(w/tax)
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    月別アーカイブ